2011年02月02日

久しぶりの映画 -闇の列車 光の旅-

先週末、そう、アジアカップの決勝戦があったあの日です。
私は友人宅で「鍋&テレビ観戦」。
夕方から買出しに行き、仕込み、鍋をかこみ、食べ、飲み。
決勝戦を見なければならないので、お酒はほどほどに。
眠っちゃいけませんから。
で、深夜。
延長って・・・。
眠い・・・。
1人はダウン。ベットに入ってしまいました。
が、しかし!
残った私達の「ぎゃ---っ!」という叫び(歓声)で起きだし、最後はみんなで喜びを分かち合いました。
いや~、本当に良かった。
おかげで次の日も気持ちよく目覚める事が出来ました。
早々にお暇をして、家でのんびりするつもりだったのですが、友人の「映画にでも行かない?」の一言。
それを言われると・・・行っちゃうでしょ。
で、選んだ映画が「闇の列車 光の旅」です。
大手シネコンではとっくに上映は終わっているこの映画。
観たいと思っていたのになぜか観ないで終わっていたのですが、ギンレイでやってる!ラッキー!
これは、ホンジュラスに暮らす少女が、父と共にアメリカに向かう途中、とある青年と出会い・・・という物語。
いわゆる密入国。不法侵入。
日本人の感覚からすると「映画の中の話」ですが、南米では未だに行われている、実際のお話です。
アメリカの国境近くのフリーウェイには、「動物に注意」の標識の「人間バージョン」が出ている位。
不法侵入者が道を走って逃げる(?)から、注意をしろと。初めてあの標識を見た時は、びっくりしました。
未だこんな思いをしている人々がいるのですよね。
恵まれた環境の私達は、自分の幸運を無駄にしないように生きねば!と思います。

それにしても、少女と一緒に逃亡する事になる青年、プロスケーターのデイヴィット・ペルティエにそっくり。
途中からはデイヴィットにしか見えなくて、なんだかガッチリと頼りがいのある男性に見えてしょうがなかった・・・。

注)デイヴィット・ペルティエ・・・ソルトレイクシティー五輪のペア金メダリスト

無地Tシャツ通販激安卸販売【オレンジパーム】 

T.MORITA

<お知らせ>

社内行事のお知らせです。

---2/7(月) 午前---

2/7(月)の午前中は社内行事の為、通常業務をお休みとさせて頂きます。
その間、メール・FAX・ショッピングカートでのオーダーやお問い合わせは頂戴できますが、お電話でのお問い合わせやメールの返信は出来かねます。
頂戴したオーダーやお問い合わせに関しましては、同日午後より順次手配をさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、その旨ご理解・ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

orangepalm at 18:40│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 トピックイットに投稿する日記/日々の出来事 | 映画

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔