2010年10月15日

チリ鉱山落盤事故

おはようございます。

「チリ落盤事故作業員33人全員生還」
クギづけで見入ったし、聴き入りました。新聞、テレビ、ラヂオ等など。

2か月ぶりに地上にあがった作業員たち。
たいへん。一言では言い表せないことだったでしょう。

事故当初は、生存は無い。と言われていたのに。
事故から17日後。一人の作業員から「我々33人は全員生きてる」とのメモ。

救出するまでは一筋縄ではいきませんでした。
そして遂に救出策が!救出用カプセル「フェニックス」いいネーミングです。

レスキュー隊員もその使命を全うし、実に勇敢でした。
なんでも、このレスキュー部隊。世界トップクラスなのだそう。
鉱山事故状況に知識が、とんでもなく長けているとのこと。

そして、なんといっても、事故に遭遇して地下に閉じ込められていた
作業員のチームワーク。リーダーの的確なる判断、指導力がすごい!
そして、そして、生死をさまよう状況下にいる者たちを見事にチームワークで
切り抜けられたのもリーダーの人格ありけり。
信頼できるリーダーだったのでしょうね。
奇跡的に助かった要因はココにありだと思います。

こんな事故が日本におきたら…。
どうなったんでしょうね。ちょっと背筋が寒くなります。

 画像に流れる救出劇?いや、劇ではなく実写。
不謹慎かもしれないけれど、まるで映画を見ているようでした。
と、感慨耽ってテレビを見ていた直後、地元メディアのNEWSで。

なんと、すでに映画化決定!との情報が…。書籍化も?
早すぎないか?

まだまだ安心はできないのに…。
作業員たちの心身のケアは必要です。

とはいっても、私も第三者。劇画チックに今回の情報を捉えているのかも。
でも、純粋に驚いたのは。怪我もなく、外見上は皆無事だったということ。
本当に奇跡的な、今回の鉱山事故救出劇。
とにかくとにかくよかったです。
尊い命が全員助かった。これに勝る感動はないですね。

最後に、私が思ったことですが。
救出のことばかりがスポットとに取り上げられているけれど、
どうしてこのような事故が起こったのか…とか、
これからどうしたらこのような悲劇が起こらないで済むか…。
こういう点は、どうなってしまったのでしょうか…?
                                   今日の綿ヌキ

 メールマガジンご購読者様はお得情報いち早くお届け。
今週の更新はVIP対応の特別企画もありますよ。登録はコチラから!

無地Tシャツ通販激安卸販売【オレンジパーム】 このエントリーをはてなブックマークに追加

orangepalm at 07:47│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 トピックイットに投稿するワークウエア /ミリタリー | ニュースな出来事

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔